m3.com トップ > 臨床ニュース > エフィエントの内服把握できず、シャント術の止血困難に【解説】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エフィエントの内服把握できず、シャント術の止血困難に【解説】 「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」

入院後持参薬の確認を思い込みから行わず手術に臨む医療事故の再発防止を目的に、過去の医療事故情報やヒヤリ・ハット事例(※)から原因や対策を知る「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」シリーズ。今回は「入院後持参薬を確認せずに手術し止血困難に至った」事例を取り上げます。※出典:公益財団法人日本医療機能評価機構の「医療事故情報収集等事業」※事例は「投薬」のキーワードが含まれる事例から掲載。【事故の程度】障害なし【発生場所】手術室【関連診療科】内科【患者】入院/1人/70歳代(男性)【疾患名】慢性腎臓病、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞