m3.com トップ > 臨床ニュース > おたふくかぜ2回目接種は「11月以降に」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

おたふくかぜ2回目接種は「11月以降に」 供給不安で1回目の接種を優先の方針

2021年6月6日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患感染症

日本小児科学会はこのほど、おたふくかぜのワクチン接種に関する文書を、ホームページに掲載した。国内でおたふくかぜのワクチンを製造する2社のうち、1社で供給停止となっているが、2021年10月末には供給が再開される見込みであることから、1回目の接種を優先させ、2回目接種は供給再開後の11月以降に延期するよう呼びかけている。同ワクチンは2回接種が推奨されている。2021年4月時点で流行性耳下腺炎の小児科定点あたり報告数は少なく推移していることも踏まえ、同学会は今回の指針を発表した。関連リンクおたふくか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞