m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAが進行転移性胆管がんにinfigratinib承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAが進行転移性胆管がんにinfigratinib承認 FGFR2融合/再構成遺伝子陽性胆管がんが対象

米国食品医薬品局(FDA)は5月28日、線維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2)融合または再構成遺伝子陽性で、前治療歴のある成人の切除不能な局所進行または転移性胆管がんに、選択的チロシンキナーゼ阻害剤infigratinib(商品名Truseltiq、QEDTherapeutics社)を迅速承認制度下で承認した。同時に、コンパニオン診断に用いる体外診断用医薬品FoundationOneCDx(FoundationMedicine社)を承認した。infigratinibの有効性は、FGFR2融合/...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞