m3.com トップ > 臨床ニュース > ブレヤンジ静注の最適使用推進指針で周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ブレヤンジ静注の最適使用推進指針で周知 承認された2つの血液がんに対するCAR-T細胞療法のGL

2021年6月7日 日本移植学会  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

日本移植学会はこのほど、大細胞型B細胞リンパ腫および濾胞性リンパ腫に対する再生医療等製品「リソカブタゲン_マラルユーセル」(販売名:ブレヤンジ静注)の最適使用推進について厚生労働省から情報提供があったとして、同製品の最適使用推進ガイドラインを学会ホームページに掲載した。同ガイドラインでは、臨床試験の成績、対象患者や使用法などを6項目に分けて解説している。リソカブタゲン_マラルユーセルは、前述の2つの血液がんに対するCAR-T細胞療法に用いる医薬品。CD19を標的とし、B細胞性の腫瘍に対し腫瘍細胞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞