m3.com トップ > 臨床ニュース > 「K=6.5mEq/L」は怖い?――高カリウム血症の対応

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「K=6.5mEq/L」は怖い?――高カリウム血症の対応 緊急性の判断、外来での対応、入院でのマネージメント

提供:エムスリー株式会社演者:長澤将先生(東北大学病院腎・高血圧・内分泌科講師)編集部から:非腎臓専門医でも遭遇することが多く、緊急性の高い高カリウム血症。その初期対応、緊急性の判断、外来での対応、入院でのマネージメントについて、東北大学病院腎・高血圧・内分泌科講師の長澤将先生に解説いただきます。◆目次00:20こわいと思う前にまず02:04入院でのマネージメント03:20外来でどうすれば良いの?06:03RAA系再開の時期は?本放送はオンデマンド配信であり、演者への質問はお受けできません。本講...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞