m3.com トップ > 臨床ニュース > コロナ予防接種でアセトアミノフェン、「処方すべき」が約半数

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コロナ予防接種でアセトアミノフェン、「処方すべき」が約半数 「COVID-19ワクチン接種時、アセトアミノフェンも処方する?」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種後には、発熱や関節痛、接種部位の痛みなどの副反応が出やすいとされている。m3.com意識調査で、COVID-19ワクチン接種時に、必要に応じてアセトアミノフェンも処方すべきかどうか会員医師に尋ねたところ、調査に参加した1327人のうち約半数(48.8%)は「処方すべき」と回答した。「処方すべきではない」は15.1%にとどまったが、「どちらとも言えない」とする慎重な回答をする割合も36.1%に上った。自由回答を併せて紹介する。(まとめ・m3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞