m3.com トップ > 臨床ニュース > AZ製新型コロナウイルスワクチンの使用で学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AZ製新型コロナウイルスワクチンの使用で学会見解 日本ワクチン学会、「まずは国内で活用されることが不可欠」

2021年6月10日 m3.com編集部  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症

日本ワクチン学会はこのほど、特例承認されたアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、学会としての見解をまとめた文書をホームページに掲載した。承認されても使用されていない国内の状況を踏まえ、同ワクチンの特徴、接種による副反応など7項目について情報を整理したうえで、「まずわが国で活用されることが不可欠」と結論づけている。極めてまれだが、同ワクチンの副反応として塞栓および血栓の事象が報告されている。これらの副反応について、欧州医薬品庁(EMA)の報告として、「約3400万回接種で222件(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞