m3.com トップ > 臨床ニュース > 国内医療者約1000人の新型コロナワクチン接種後の副反応を前向きに検討

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国内医療者約1000人の新型コロナワクチン接種後の副反応を前向きに検討 日本赤十字社医療センター・出雲雄大氏らが報告

日本国内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチンの接種が進んでいる。これまでにない機序のワクチンであり、有効性や安全性の情報が日々集積される一方、実地臨床での接種希望者からの問い合わせ機会も増えている。日本赤十字社医療センター呼吸器内科部長の出雲雄大氏らはこのほど、自施設のスタッフ約1000人へのファイザー/ビオンテック社製ワクチン(BNT162b2mRNACovid-19Vaccine)接種後の副反応報告などを前向きに検討し、RespiratoryInvesti...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞