m3.com トップ > 臨床ニュース > プロポフォールの適正使用で周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

プロポフォールの適正使用で周知 新型コロナICU治療優先など4項目

日本産科婦人科学会はこのほど、出荷調整が継続されているプロポフォール製剤について、厚生労働省が発出した事務連絡「プロポフォール製剤等の麻酔薬・鎮静薬が安定供給されるまでのより一層の適正使用等の対応への協力について(周知依頼)」をホームページに掲載した。安定供給されるまで当面の間、新型コロナウイルス感染症などICUでの治療を優先することなど、4項目について周知を呼びかけている。具体的には、1)プロポフォール製剤を、新型コロナの治療以外の手術、検査・処置等における使用は極力控え、延期等の対応を検討、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞