m3.com トップ > 臨床ニュース > 夜間頻尿診療ガイドラインを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

夜間頻尿診療ガイドラインを公開 8章29CQ、2つの診療アルゴリズムも

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本排尿機能学会、日本泌尿器科学会作成の「夜間頻尿診療ガイドライン第2版」をガイドライン一覧に加えた。同ガイドライン(GL)は2009年版の改訂第2版で、8章構成。第1章は、一般および専門医向けの2種類の診療アルゴリズムを提示、第2章は29問のクリニカルクエスチョン(CQ)、第3章以降は、疫学や診断、治療に関する解説となっている。同GLの利用想定者は、泌尿器科医師を中心に、広く夜間頻尿を訴える患者の診療に携わる医師・看護師・保健師などの医療従事者。対象患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞