m3.com トップ > 臨床ニュース > 第1回 臨床試験から見えるがん診療の変遷【肺がん内科編・前編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第1回 臨床試験から見えるがん診療の変遷【肺がん内科編・前編】 執筆:大江 裕一郎(JCOG代表者・JCOG肺がん内科グループ代表者) 監修:福田 治彦(JCOGデータセンター長)

【編集部より】20年ほどで大きく様変わりしたがん治療。多くの治療薬が次々と登場し、学術団体によるガイドラインのアップデートが大変との声も聞かれます。それぞれのがん種での治療の進歩について、「スペシャリストの視点・JCOG編」として、日本のがん標準治療の確立のための臨床試験を全国で多数展開している日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の各グループを代表する先生たちに「臨床試験から見えるがん診療」などのテーマで、日常臨床にも役立つ情報をお届けします。第一弾として、JCOG代表者・JCOG肺がん内科グル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞