m3.com トップ > 臨床ニュース > 「職域接種の法的義務」Q&A示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「職域接種の法的義務」Q&A示す 日本渡航医学会・日本産業衛生学会による共同文書

日本渡航医学会と日本産業衛生学会は6月21日、職域における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種のQ&Aを発表した。職域接種の事業者の法的義務や、接種後に発熱した従業員の出勤停止に対する考え方など、13項目で構成されている。(m3.com編集部・坂口恵)職場という日常生活の場での接種、十分な対策求める両学会が2020年2月から発表してきた「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」の補遺版として、新たに「職域接種のQ&A」が作成された。6月21日から始まった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞