m3.com トップ > 臨床ニュース > HP検査は複数実施「偽陽性は許せても、偽陰性はあとが怖い」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HP検査は複数実施「偽陽性は許せても、偽陰性はあとが怖い」 「ヘリコバクター・ピロリの診断方法を教えてください」―Vol. 2

m3.com意識調査で、日常診療や健診/検診などでHP検査を行っている会員医師547人に、抗体検査のみで除菌判断するかどうか尋ねたところ、「他の検査方法でも陽性かどうかを確認する」(38.7%、212人)が最も多く、「そのまま除菌する」(35.1%、192人)が続いた。抗体検査のみで除菌判断する理由として、「偽陽性の可能性はあるが、除菌治療のデメリットは小さい」「除菌せず、胃がんになるリスクの方が問題」とする声が寄せられた。一方、他の検査でも確認する理由には、「現感染か、既感染自然排菌後かが判別...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞