m3.com トップ > 臨床ニュース > RA患者の帯状疱疹は重症度別に治療薬を使い分け【第65回リウマチ学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

RA患者の帯状疱疹は重症度別に治療薬を使い分け【第65回リウマチ学会】

2021年7月11日 MMJ  カテゴリ: リウマチ整形外科疾患皮膚疾患感染症

第65回日本リウマチ学会総会・学術集会(会長・竹内勤慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科教授)が4月26-28日、完全Web方式で開かれた。27日にはシンポジウム11「関節リウマチ治療に対する感染症のインパクト」がライブ配信され、愛知医科大学皮膚科の渡辺大輔教授は「分子標的治療時代における帯状疱疹のリスク管理」をテーマに講演。帯状疱疹は抗ヘルペスウイルス薬による治療とワクチンによる予防が可能であるため、疾患活動性を考慮した上で、ワクチン接種を積極的に考えるべきだと話した。(MMJ編集長・吉川学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞