m3.com トップ > 臨床ニュース > Trabecular Metal Ankle、重度変形への適応拡大の可能性も【第65回リウマチ学会】(2021/7/15訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

Trabecular Metal Ankle、重度変形への適応拡大の可能性も【第65回リウマチ学会】(2021/7/15訂正)

2021年7月14日 MMJ  カテゴリ: 整形外科疾患その他

第65回日本リウマチ学会総会・学術集会(会長・竹内勤慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科教授)が4月26-28日、完全WEB方式で開かれた。26日にはシンポジウム6「我が国における人工足関節置換術の進歩と課題」がライブ配信され、東京女子医科大学整形外科の矢野紘一郎講師は「外側進入型人工足関節置換術の成績と課題」と題して講演。TrabecularMetalAnkle(TMA)は理論上、多くの利点を有する機種であり、重度変形への適応拡大の可能性があると述べた。(MMJ編集長・吉川学)TMA使用58...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞