m3.com トップ > 臨床ニュース > 第11回 引いてダメなら押してみろ? 気管内異物による気道閉塞対処法【前編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第11回 引いてダメなら押してみろ? 気管内異物による気道閉塞対処法【前編】 救急(窒息・気道異常) 乗井達守(ニューメキシコ大学)

ここはある救命センター。指導医と研修医が当直中。夕方の忙しい時間帯で、指導医は外傷症例対応中。その隣では、初期研修医と後期研修医のペアが窒息による心肺停止症例に対応し始めましたが、どうもうまくいっていないようです。研修医(K)「先生大変です!」指導医(S)「なんや、どうした?」K「ステーキを詰まらせた窒息症例です。気管内にステーキの切れ端が詰まっているようです。喉頭鏡では全く見えず、マギル鉗子では取れません」S「それは難しいな」K「それに、心肺停止状態なので気管支鏡をする余裕もありません。気管挿...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞