m3.com トップ > 臨床ニュース > リー・フラウメニ症候群診療GL2019年版を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リー・フラウメニ症候群診療GL2019年版を公開 臨床像や診断・治療など、6CQ

2021年7月12日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 小児科疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、「リー・フラウメニ症候群診療ガイドライン」の2019年度版ver.1.1をオンラインで無料掲載した。厚生労働科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業「小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するゲノム医療体制実装のための研究」班が作成した同ガイドライン(GL)は、遺伝性腫瘍であるリー・フラウメニ症候群(LFS)の診断、臨床像、治療について解説、診療に関する6つのクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。LFSは、生涯にわたり高率にがんを発症する遺伝性腫瘍(症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞