m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃内視鏡検査で食道損傷、その後に膿瘍形成【解説】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃内視鏡検査で食道損傷、その後に膿瘍形成【解説】 「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」

2021年7月18日 日本医療機能評価機構  カテゴリ: 消化器疾患その他

医療事故の再発防止を目的に、過去の医療事故情報やヒヤリ・ハット事例(※)から原因や対策を知る「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」シリーズ。今回は「胃内視鏡検査で食道損傷を来し、その後に膿瘍形成に至った」事例を取り上げます。※出典:公益財団法人日本医療評価機構の「医療事故情報収集等事業」※事例は「研修医」のキーワードが含まれる事例から掲載。【事故の程度】障害残存の可能性がある(低い)【発生場所】その他健診センター【関連診療科】耳鼻咽喉科【患者】外来/1人/50歳代(女性)【疾患名】食道憩室疑い【...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞