m3.com トップ > 臨床ニュース > 中咽頭がん、治療強度減弱の課題と展望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

中咽頭がん、治療強度減弱の課題と展望 Cancer Currents――米国立がん研究所(NCI)ブログ

2021年7月17日 米国立がん研究所(NCI)  カテゴリ: 一般外科疾患

(海外がん医療情報リファレンス7月5日付記事を転載)唾を飲み込みたくないほど喉の中が激しく焼けるのを想像してみよう。それどころか、何も問題なく飲み込めるはずの唾液を大きなコップに吐き出す。何度も何度も。何週間も。2014年の一時期、それがJasonMendelsohn氏の日課だった。「そのコップの中の唾液は非常にドロドロとして粘り気があって、洗面台の流しには流れないと思いました」とMendelsohn氏は物語った。Mendelsohn氏は44歳で中咽頭がんの診断を受けた。中咽頭がんは頭頸部がんの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞