m3.com トップ > 臨床ニュース > 腹痛、嘔吐、発熱…なぜありふれた急性虫垂炎の診断が遅れるのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腹痛、嘔吐、発熱…なぜありふれた急性虫垂炎の診断が遅れるのか

2021年7月14日 三輪書店  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患救急

寺沢秀一(著)『研修医当直御法度百例帖第2版』(三輪書店)より転載Case 31歳、女性(妊娠33週の妊婦)既往特記すべきものなし。病歴腹痛と嘔吐を訴えて、かかりつけの産婦人科医院に入院した。入院後も症状が続くため、翌日、近くの総合病院の外科に紹介された。37.4℃の微熱、白血球数11,000だが、触診と超音波検査で虫垂炎の可能性は考えにくいという結論で、その日のうちに産婦人科医院に帰された。その日の午後8時ごろから激しい腹痛となったが、鎮痛薬を用いて一晩過ごし、翌朝、救急センターに転...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞