m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAが局所進行尿路上皮がんにenfortumab vedotin承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAが局所進行尿路上皮がんにenfortumab vedotin承認 治療歴のある局所進行・転移性患者が対象

米国食品医薬品局(FDA)は7月9日、PD-1/PD-L1阻害薬および白金製剤を含む化学療法の治療歴のある成人の局所進行または転移性尿路上皮がんに用いるネクチン-4標的抗体薬物複合体enfortumabvedotin(商品名Padcev、AstellasPharmaUS社)を正式に承認し、さらにシスプラチンによる化学療法不適応かつ前治療歴のある患者への適応追加を承認した。同薬は2019年12月、術前術後のPD-1/PD-L1阻害薬および白金製剤を含む化学療法後に病勢進行が見られた局所進行または転...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞