m3.com トップ > 臨床ニュース > 人工妊娠中絶・流産手術の手法で学会周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

人工妊娠中絶・流産手術の手法で学会周知 WHO指針や国際的動向踏まえ、D&Cより安全な「吸引法」を

2021年7月19日 日本産科婦人科学会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産科婦人科学会はこのほど、厚生労働省が発出した文書「人工妊娠中絶等手術の安全性等について」をホームページに掲載した。WHOの人工妊娠中絶に関する政策的ガイダンスや、国際的な動向を受けてのもの。掻爬法(D&C)より安全性の高い「吸引法」が導入されるべきとする趣旨を周知している。文書では、D&Cによる合併症の頻度(発生率)は吸引法の2-3倍高いことや、最終月経から10週までにおいて、吸引法はD&Cより迅速で失血が少ないことが明らかになったとする根拠について言及。「D&am...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞