m3.com トップ > 臨床ニュース > 周期的な臍周囲の腹痛・嘔吐、排ガス・排便なし

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

周期的な臍周囲の腹痛・嘔吐、排ガス・排便なし

2021年7月17日 三輪書店  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患救急

寺沢秀一(著)『研修医当直御法度百例帖第2版』(三輪書店)より転載Case56歳、女性既往7年前の胃切除の手術の後に2回腸閉塞で入院しており、いずれも保存的治療で軽快している。病歴夕食の3時間後から腹痛が始まり、臍周囲で約3~4分の間隔で周期的に痛み、午後11時ごろから嘔吐し始めたため、午前0時に来院した。腹痛が出現してからは排ガスも排便もない。所見意識清明、血圧160/100、脈拍98/分、呼吸32/分、体温37.2℃。腹部は平坦で臍の左に軽い圧痛があるが、筋性防御や反跳圧痛などの腹膜刺激徴候...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞