m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>診療報酬財源確保、患者窓口負担の引き下げなどを要望

診療報酬財源確保、患者窓口負担の引き下げなどを要望

2010年度予算・概算要求へ、舛添厚労大臣に要望書提出: 日医

2009年7月3日 村山みのり(m3.com編集部)


日本医師会は、2010年度予算概算要求へ向けた要望事項を取りまとめ、6月26日、唐沢祥人会長より舛添要一・厚生労働大臣へ提出した。内容は診療報酬財源の確保、医療機関受診における窓口負担の引き下げなど、10テーマ計95項目。1.良質かつ安全、安定した医療提供体制の実現とそのための医師・看護師等確保対策の確立2.国民が安心できる医療保険制度の確立とそのための財政措置3.安定した介護サービスの確保と質の向上のための支援4.医療におけるIT化推進のための財政的支援5.地域医療再生のための連携体制の確立6...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。