m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|“割りばし事...>刑事責任を問われた以上、法廷で真実を明らかにする◆Vol.2

刑事責任を問われた以上、法廷で真実を明らかにする◆Vol.2

「彼は間違ったことをやっていない、と訴えたかった」

2009年7月10日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


――担当医が業務上過失致死罪で在宅起訴されたのは2002年8月です。それまでの間はどのような状況だったのでしょうか。2000年に民事提訴され、その後に起訴されたわけです。起訴される前は、関係者全員、検察に事情聴取されましたが、それは突然だったと思います。私の場合は2日間で、1日目は午後1時から午後11時くらいまで、2日目は半日くらいだったと思います。――検察庁では何を聞かれたのでしょうか。詳細には記憶していませんが、「割りばしのようなものが口に刺さった時に、重大なことが起きるはず。そこのことを医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事