m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|“割りばし事...>CPCの延長で鑑定を実施するのは禁物◆Vol.4

CPCの延長で鑑定を実施するのは禁物◆Vol.4

裁判と医療の相違を認識しないと「過失あり」と解釈される恐れ

2009年7月22日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


――「検察に対しては、何かを言うつもりはない」とのことですが、刑事裁判の公判の展開をどう見ていたのでしょうか。例えば、医療行為の解釈という意味では、刑事裁判では、弁護側と検察側から複数の鑑定結果が出されましたが、その内容は異なっています。この辺りはいかがでしょうか。私は法律家ではありませんから、法律面についてはコメントできません。ただ鑑定人、証人については思うところがあります。医療の世界では、CPC(臨床病理検討会)が非常に重要です。CPCでは、ある症例について、いかなる診断をして治療をし、どん...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事