m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|“割りばし事...>「医師の人権を守るための活動に取り組む」◆Vol.5

「医師の人権を守るための活動に取り組む」◆Vol.5

「善意に基づく医療は刑事責任を問わない」というルールの確立が必要

2009年7月30日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


長谷川誠氏は、「この裁判が持つ意味を検証して、いかに医師の人権を守るか、そのあり方を考え、情報発信していく」と語る。――担当された先生は、事故があった1999年当時、まだ卒後3年目でした。彼は医師のキャリア的にも、ダメージを受けた。彼は大学を離れた後、ある病院に勤務しました。その病院の院長は非常に理解がある方だと聞いています。ただ、正規の職員ではなく、非常勤職員だったようです。雇用する側にも、マスコミで理由もなくたたかれたりするリスクがあるわけです。無実を信じて支援した結果、それで経営に問題が生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事