m3.com トップ>医療維新>インタビュー>内服薬の処方せんの標準化は不可欠-東京医歯大歯学部附属病院薬剤部長・土屋文人氏

内服薬の処方せんの標準化は不可欠-東京医歯大歯学部附属病院薬剤部長・土屋文人氏

「対症療法」ではなく、今こそ「根本治療」で医療安全体制を確立すべき

2009年7月15日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


「処方せんの記載は従来通り1日量か、1回量に変更すべきか」。処方せんの記載の仕方は医師、あるいは医療機関によって統一されていないのが現状であり、それに起因するミスも少なくない。医療安全の観点から処方せんの記載様式を標準化・徹底する目的で厚生労働省は今年5月、「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」を立ち上げた。同検討会の議論のたたき台となっているのが、厚生労働科学研究「処方せんの記載方法に関する医療安全対策の検討」研究班だ。同研究の分担研究者である東京医科歯科大学歯学部附属病院薬剤部長...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医師が作った「もしバナゲーム」、知っていますか?‐iACP共同代表らに聞く◆Vol.1 2018/7/16

プライスレス、ACPの神髄‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆Vol... 2018/7/4

病院はACPに向いてない!でも…‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆... 2018/6/29

ACPは既に地域の医師が実践‐西川満則・国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆... 2018/6/24

埼玉の“西の守り”としての使命-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科... 2018/6/13

子育てと仕事の両立は女性医師だけの問題にあらず―力山敏樹・自治医大さいたま医療センター副セ... 2018/6/12

大学病院における総合診療医育成の在り方-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地... 2018/6/6

医局員の4分の1が女性医師の外科、子育ても手術もこなす―力山敏樹・自治医大さいたま医療セン... 2018/6/5

大学救命救急センターにある総合診療科の役割-古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療... 2018/5/30

「佐賀は日本の医学に大きな貢献」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/5/23

医療の問題「一番は大学の衰退」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.2 2018/5/11

国立病院機構から地独法病院の理事長へ-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vo... 2018/5/2

HPVワクチン「国の意思決定に必要なデータそろう」-鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆... 2018/4/11

医薬分業、“失われた40年”取り戻す第一歩-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.3 2018/4/6

HPVワクチン接種、「多様な症状」発症との関連なし-鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆... 2018/4/4

緩和医療を持続可能に、医学部に常設講座を-松岡順治・岡大病院診療科長に聞く◆Vol.2 2018/4/3

かかりつけ医評価「もっと反対すべきだった」-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.2 2018/4/2

「7対1」入院料、方針は支持、30%は不満-幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.1 2018/3/23

腎代替療法、報酬体系を総点検-迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.6 2018/3/22

医師等の専従要件緩和、経営的メリット大-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.2 2018/3/21