m3.com トップ>医療維新>インタビュー>内服薬の処方せんの標準化は不可欠-東京医歯大歯学部附属病院薬剤部長・土屋文人氏

内服薬の処方せんの標準化は不可欠-東京医歯大歯学部附属病院薬剤部長・土屋文人氏

「対症療法」ではなく、今こそ「根本治療」で医療安全体制を確立すべき

2009年7月15日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


「処方せんの記載は従来通り1日量か、1回量に変更すべきか」。処方せんの記載の仕方は医師、あるいは医療機関によって統一されていないのが現状であり、それに起因するミスも少なくない。医療安全の観点から処方せんの記載様式を標準化・徹底する目的で厚生労働省は今年5月、「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」を立ち上げた。同検討会の議論のたたき台となっているのが、厚生労働科学研究「処方せんの記載方法に関する医療安全対策の検討」研究班だ。同研究の分担研究者である東京医科歯科大学歯学部附属病院薬剤部長...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

同期と結婚、その理由は?-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆Vol.2 2018/1/19

女性外科医でコミックエッセイも人気-さーたり氏に聞く◆Vol.1 2018/1/11

9年連続黒字、「医師が本来業務に専念」がカギ-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞く... 2017/12/29

名誉毀損裁判にも屈せず、情報発信続ける-村中璃子氏に聞く◆Vol.3 2017/12/23

医師派遣、人工透析の集約化を既に実施-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞く◆Vol... 2017/12/19

WHOから名指しで批判された日本-村中璃子氏に聞く◆Vol.2 2017/12/17

存在感増す医学部専門予備校、学費740万円も-2018年度医学部入試動向◆Vol.2 2017/12/15

「10万個の子宮」が失われる前に-村中璃子氏に聞く◆Vol.1 2017/12/13

「迫り来る未来の危機」に対応、地域は運命共同体-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞... 2017/12/12

「ヒポクラテスの時代から培った信頼」が大事-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.3 2017/12/10

医学部人気に微妙な変化、日医大も学費大幅値下げ-2018年度医学部入試動向◆Vol.1 2017/12/7

「社会的共通資本としての医療」、3本柱で普及-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.... 2017/12/2

医師、そして娘から見た「父、宇沢弘文」-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.1 2017/11/26

医療費のコントロールは可能-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.3 2017/10/22

地域包括ケアでは医療費は削減できない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.2 2017/10/16

地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1 2017/10/10

医療には介護の質を上げる役割がある-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.2 2017/10/2

政治の場に「在宅医療の思いを」-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.1 2017/9/27

地域医療構想「問題は調整の人材不足」-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.3 2017/9/19

医師偏在対策、保険医定数を人口比に-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.3 2017/9/18