m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|新型インフル...>新型インフルエンザからがん患者を守れ◆Vol.28

新型インフルエンザからがん患者を守れ◆Vol.28

今春の流行で関西では献血者が3割以上減、病原体不活化技術が必須

2009年7月24日 成松 宏人(東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門 客員研究員)


新型インフルエンザでがんの化学療法ができなくなる懸念今年春の新型インフルエンザ騒動は、医療関係者に危機管理について課題を突きつけた。2009年5月、関西地区にて献血者数が当初の計画よりも約34%も減少したと報告されている。これは新型インフルエンザの感染の拡大により外出を控える人が増えたことなどが原因だろう。今まで、WHO(世界保健機関)は、新型インフルエンザが大流行した場合の献血者は約25%減少すると見積もっていたが、日本における減少率は大幅にそれを上回った。新型インフルエンザのパンデミックが起...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型インフルエンザに関する記事(一覧

「新型インフルエンザ対策行動計画」見直し案、大筋合意◆Vol.66 2010/12/1

インフルエンザ専門家会議、行動計画・ガイドラインの見直しに着手◆Vol.65 2010/9/15

基礎疾患を有する人へのワクチン接種、今年はどうするか◆Vol.64 2010/8/26

新型インフル対策総括会議、提言案取りまとめ◆Vol.63 2010/6/10

新型インフル対策総括会議、提言のたたき台を提示◆Vol.62 2010/5/28

集団接種推進、余剰ワクチン返品、接種の公費負担化などを要望◆Vol.61 2010/5/20

発熱外来、全国一律の対策への批判が相次ぐ◆Vol.60 2010/5/13

検疫対策へは一定の評価、対応切り替えの遅れを指摘する声も◆Vol.59 2010/5/6

新型インフル諮問委の資料・議事概要を内閣官房が開示◆Vol.58 2010/4/30

「現場への情報伝達はマスコミより先に」、情報発信の一元化求める声も◆Vol.57 2010/4/13

厚労省「新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議」が初会合◆Vol.56 2010/4/1

新型インフルエンザワクチン日米比較-有害事象発生状況の観点から◆Vol.55 2010/3/15

新型インフル諮問委、「議事録なし」は事実◆Vol.54 2010/2/24

健康成人へのワクチン接種開始へ、次回出荷分から◆Vol.53 2010/1/15

間質性肺炎には引き続き注意を、「安全性には問題なし」◆Vol.52 2010/1/11

「中高生のワクチン接種は1回でOK」◆Vol.51 2009/12/17

「新型ワクチンの安全性には問題なし」との結論変わらず◆Vol.50 2009/12/13

「副反応の疫学データ得られるスタディーデザインが必要」◆Vol.49 2009/12/1

新型ワクチン接種と関連する死亡症例は現時点では認められず◆Vol.48 2009/11/21

なぜ新型インフルエンザワクチンを法定接種にしないのか◆Vol.47 2009/11/20