m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|新型インフル...>「学校閉鎖は4-5日以上なら効果あり」◆Vol.29

「学校閉鎖は4-5日以上なら効果あり」◆Vol.29

WHO会議から臨床像、重症例などを解説:7月27日感染研会見

2009年7月29日 村山みのり(m3.com編集部)


国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦氏は、7月27日の会見(メディア情報交換会)で、5-6月の学校・幼稚園・保育園閉鎖による感染拡大防止について、「一定の効果があった」と評価する見解を示した。大阪府・福岡県における症例数の推移、千葉県船橋市における休校した学校を含めた6校の生徒の発熱状況のデータでは、休校後1-2日目までは休校前に既に感染し、潜伏期間を経過した患者の発熱が見られたが、3-4日目からは発症例が著しく減少し、その後も増加しなかった。この結果から、岡部氏は「1-2日のおざなり...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型インフルエンザに関する記事(一覧

「新型インフルエンザ対策行動計画」見直し案、大筋合意◆Vol.66 2010/12/1

インフルエンザ専門家会議、行動計画・ガイドラインの見直しに着手◆Vol.65 2010/9/15

基礎疾患を有する人へのワクチン接種、今年はどうするか◆Vol.64 2010/8/26

新型インフル対策総括会議、提言案取りまとめ◆Vol.63 2010/6/10

新型インフル対策総括会議、提言のたたき台を提示◆Vol.62 2010/5/28

集団接種推進、余剰ワクチン返品、接種の公費負担化などを要望◆Vol.61 2010/5/20

発熱外来、全国一律の対策への批判が相次ぐ◆Vol.60 2010/5/13

検疫対策へは一定の評価、対応切り替えの遅れを指摘する声も◆Vol.59 2010/5/6

新型インフル諮問委の資料・議事概要を内閣官房が開示◆Vol.58 2010/4/30

「現場への情報伝達はマスコミより先に」、情報発信の一元化求める声も◆Vol.57 2010/4/13

厚労省「新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議」が初会合◆Vol.56 2010/4/1

新型インフルエンザワクチン日米比較-有害事象発生状況の観点から◆Vol.55 2010/3/15

新型インフル諮問委、「議事録なし」は事実◆Vol.54 2010/2/24

健康成人へのワクチン接種開始へ、次回出荷分から◆Vol.53 2010/1/15

間質性肺炎には引き続き注意を、「安全性には問題なし」◆Vol.52 2010/1/11

「中高生のワクチン接種は1回でOK」◆Vol.51 2009/12/17

「新型ワクチンの安全性には問題なし」との結論変わらず◆Vol.50 2009/12/13

「副反応の疫学データ得られるスタディーデザインが必要」◆Vol.49 2009/12/1

新型ワクチン接種と関連する死亡症例は現時点では認められず◆Vol.48 2009/11/21

なぜ新型インフルエンザワクチンを法定接種にしないのか◆Vol.47 2009/11/20