m3.com トップ>医療維新>インタビュー>8割が赤字、国立大学病院への対策が急務 -国立大学附属病院長会議常置委員会委員長・河野陽一氏に聞く◆Vol.1

8割が赤字、国立大学病院への対策が急務 -国立大学附属病院長会議常置委員会委員長・河野陽一氏に聞く◆Vol.1

地域医療の“最後の砦”を守るため、国会や省庁に要望書を提出

2009年8月18日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


国立大学附属病院長会議は8月4日、文部科学省と厚生労働省に、「国立大学病院関係予算の確保・充実について」と題する要望書を提出した。国立大学病院は2004年度の法人化以降、運営費交付金は全体で約3分の1まで減額、一方で医療費抑制策が進められ、苦しい病院経営を強いられている。病院キャッシュフローで見た場合、今年度は42大学中、33大学が赤字になる見込みだ。研究面でも臨床研究論文数が減少。教育面でも医学部定員増が進められているが、教員の増員はままならず、厳しい運営を強いられている。「現状が続けば、国立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「CoolJapan」から「WarmJapan」へ-小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆V... 2018/2/18

餃子とハンバーグ、「取り違え」が発端-小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆Vol.2 2018/2/12

「注文をまちがえる料理店」、なぜ実現したか-小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆Vol.1 2018/2/6

出産後の悩み、若手医師へのメッセージ-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆... 2018/2/1

同期と結婚、その理由は?-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆Vol.2 2018/1/19

女性外科医でコミックエッセイも人気-さーたり氏に聞く◆Vol.1 2018/1/11

9年連続黒字、「医師が本来業務に専念」がカギ-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞く... 2017/12/29

名誉毀損裁判にも屈せず、情報発信続ける-村中璃子氏に聞く◆Vol.3 2017/12/23

医師派遣、人工透析の集約化を既に実施-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞く◆Vol... 2017/12/19

WHOから名指しで批判された日本-村中璃子氏に聞く◆Vol.2 2017/12/17

存在感増す医学部専門予備校、学費740万円も-2018年度医学部入試動向◆Vol.2 2017/12/15

「10万個の子宮」が失われる前に-村中璃子氏に聞く◆Vol.1 2017/12/13

「迫り来る未来の危機」に対応、地域は運命共同体-栗谷義樹・山形県・酒田市病院機構理事長に聞... 2017/12/12

「ヒポクラテスの時代から培った信頼」が大事-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.3 2017/12/10

医学部人気に微妙な変化、日医大も学費大幅値下げ-2018年度医学部入試動向◆Vol.1 2017/12/7

「社会的共通資本としての医療」、3本柱で普及-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.... 2017/12/2

医師、そして娘から見た「父、宇沢弘文」-占部まり・宇沢国際学館取締役に聞く◆Vol.1 2017/11/26

医療費のコントロールは可能-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.3 2017/10/22

地域包括ケアでは医療費は削減できない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.2 2017/10/16

地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1 2017/10/10