m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>ナースプラクティショナーも検討課題に◆Vol.1

ナースプラクティショナーも検討課題に◆Vol.1

厚労省検討会で医師と看護師等の役割分担を議論、今年度末に報告書

2009年8月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第1回会議が8月28日、開催された。座長には永井良三・東京大学大学院医学研究科教授が就任、(1)医師、看護師等の役割分担について、(2)看護師等の専門性の向上について、(3)その他、の3点が検討事項。来年3月末までに検討を行い、報告書をまとめる予定。「医師と看護師の役割分担が議論の中心になるが、それだけにこだわらず幅広く議論を行うために、本検討会には様々な立場の医療関係者に集まってもらった。今、医療現場で何が問題になっているか、また現場のニーズは何...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事