m3.com トップ>医療維新>レポート|民主党政権の...>「社会保障に正解はない、国民の声を聞いていく」と長妻大臣◆Vol.1

「社会保障に正解はない、国民の声を聞いていく」と長妻大臣◆Vol.1

鳩山新政権が9月16日に発足、閣僚記者会見でコメント

2009年9月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


9月16日、鳩山新政権が発足し、同日深夜、閣僚記者会見が開催された。複数の官僚が異口同音に言及したのが、「官僚主導から政治主導へ」と「マニフェストの実行」。事務次官会議や事務次官会見の廃止については、記者の批判が相次いだが、平野博文・路官房長官らは、政治家が政策実行・説明責任を負うことを強調した。厚生労働大臣に就任した長妻昭氏も、マニフェスト実行に言及、「社会保障に正解はないか、国民一人ひとりの意見を聞きながら、より良い制度に常に作り変えていく」と述べ、現場の声を聞く姿勢を示した。長妻大臣の会見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事