m3.com トップ>医療維新>レポート|民主党政権の...>民主党の医療ガバナンス-組閣人事を斬る◆Vol.2

民主党の医療ガバナンス-組閣人事を斬る◆Vol.2

厚労省に加え、国家戦略局と行政刷新会議、総務省、文科省の5機関で連携

2009年9月20日 上昌広(東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門准教授)


9月18日、民主党の内閣人事が発表された。19日の日経新聞は「政治主導へ政策通起用副大臣や政務官、意思決定影響力強く」と報じているが、筆者も同感である。今回は、民主党の医療政策人事を考察したい。【厚労省だけ注目していては「木を見て森を見ず」】民主党政権が発足後、早期に直面する問題は外交・組織作り・予算だ。恐らく、新型インフルエンザを除いて、医療は当面の問題にはならない。医療業界の関心は、もっぱら厚生労働省人事にあるようだが、医療政策を考える場合、厚労省だけ注目していると「木を見て森を見ない」こと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事