m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>「医師さえ増やせば問題解決、との考えは単純すぎる」◆Vol.2

「医師さえ増やせば問題解決、との考えは単純すぎる」◆Vol.2

国立国際医療センター総長・桐野氏、医師と看護師の役割分担の必要性強調

2009年10月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第2回会議が10月5日開催され、国立国際医療センター総長の桐野高明氏と、近大姫路大学学長(前国際看護師協会会長)の南裕子氏へのヒアリングが行われた(会議の配布資料は検討会の資料は厚労省のホームページに掲載)。2人とも異口同音にチーム医療の推進、中でも看護師の役割・業務範囲を見直す必要性を指摘した。桐野氏は、「医師不足であることは確か。しかし、養成数さえ増やせば、診療科あるいは地域による医師の偏在が解決すると考えるのは、誤りではないが、単純すぎる」と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事