m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>チーム医療推進のカギは「人数か、意識か、制度か」◆Vol.3

チーム医療推進のカギは「人数か、意識か、制度か」◆Vol.3

虎の門病院、近森病院、聖路加国際病院へのヒアリング

2009年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


10月13日、厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第3回会議が開催され、第2回会議に引き続き関係者へのヒアリングが行われた(検討会の資料は厚労省のホームページに掲載)。虎の門病院(東京都港区)、近森病院(高知市)、聖路加国際病院(東京都中央区)の3病院の看護師や薬剤師などが、自院の取り組みを紹介。ヒアリングを通じて浮かび上がったのが、チーム医療推進のカギは何かという問題だ。座長の東京大学大学院教授の永井良三氏は、「今日は、非常に恵まれている病院の話を聞いたように思う。チーム医療推進の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事