m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>チーム医療推進には診療報酬の評価が必要◆Vol.4

チーム医療推進には診療報酬の評価が必要◆Vol.4

慢性期医療に関するヒアリング、多職種によるチーム医療の重要性も強調

2009年11月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省で11月2日、「チーム医療の推進に関する検討会」の第4回会議が開催され、前回の急性期医療に関するヒアリングに続き(『チーム医療推進のカギは「人数か、意識か、制度か」』を参照)、今回は慢性期医療におけるチーム医療についてのヒアリングおよびディスカッションが行われた。医療療養病床には医師の配置数が少ないものの、医療依存度が高い患者が少なくないこと、さらには介護・生活支援の役割も大きいことから、看護師に限らず多職種によるチーム医療の重要性が強調されたことが特徴だ(資料は、厚労省のホームページ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事