m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|現場からの医...>「公的負担」以外の財源調達は果たして可能か◆Vol.5

「公的負担」以外の財源調達は果たして可能か◆Vol.5

「医療費セッション」を聞いた臨床医の立場から

2009年11月10日 伊藤英一(新潟県立新発田病院循環器内科)


11月7、8日の2日間に開催された「現場からの医療改革推進協議会第4回シンポジウム」の1日目に出席した。私がこのシンポジウムの存在を知ったのは第2回シンポジウムの開催後で、第3回は都合で出席できなかった。今回が初めての出席である。事前に参加申込が締切られていたので大勢の参加者があるものと思っていたが、会場の東京大学医科学研究所大講堂では補助椅子も用意されて満員であった。初日は4つのセッションが行われた。1.医療改革の現在、2.医療費、3.先端医療・がん難民、4.救急医療である。冒頭の挨拶をされた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事