m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「政権公約が実現するのか疑問視せざるを得ない」

「政権公約が実現するのか疑問視せざるを得ない」

日医が事業仕分けを「財務省主導の議論」「データも不適切」と問題視

2009年11月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会の常任理事の中川俊男氏は11月18日、定例記者会見で、「行政刷新会議の事業仕分けの中で、一番問題視しているのは、診療報酬の配分の問題だ」と指摘。「事業仕分け」の組織のあり方についても言及、「ワーキンググループは行政組織ではなく、評価者は官職ではなく、医療関係者や患者代表が入っていない」と問題視した。その上で、「診療報酬については、財務省主導で財政中立の議論で進んでおり、政権公約が実現されるのか、疑問視せざるを得ない」など、計4点を「事業仕分け」に対する日医の見解として公表した(文末を参...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。