m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>医療クラーク導入で医師の負担軽減、採用増に成功◆Vol.5

医療クラーク導入で医師の負担軽減、採用増に成功◆Vol.5

済生会栗橋病院へのヒアリング、深谷日赤は助産師外来の事例を紹介

2009年12月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


次期診療報酬改定で医師不足対策として注目される医療クラークの活用。12月7日に開催された厚生労働省の「第7回チーム医療の推進に関する検討会」では、この点について済生会栗橋病院(埼玉県栗橋町)院長の遠藤康弘氏へのヒアリングが行われた(資料は厚労省のホームページに掲載)。遠藤氏は、「当院では診療報酬上で評価される前の2005年6月から、医療クラークを導入している。今ではチーム医療に不可欠な存在。医師の時間外労働が減るなど常勤医の評価が高い上、診断書作成に要する時間も減少し、患者へのメリットにもつなが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事