m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|原中・茨城県...>日医、県・郡市医師会が有効に連携せず◆Vol.1

日医、県・郡市医師会が有効に連携せず◆Vol.1

地域医療を支える郡市医師会、その余力も低下の危機

2009年12月11日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


来る2010年4月の日本医師会会長選挙への立候補を表明した、茨城県医師会長の原中勝征氏。長年の自民党支持から、世の中の風を読み、今夏の衆議院議員選挙では民主党支持に回った原中氏は、今度は日本医師会改革に乗り出す構えだ。折りしも、公益法人制度改革が進められ、大きな岐路に立つ日本医師会。その舵を取る適任者を見極めるには、様々な角度から検証する必要がある。“医療事故調”では全国960の郡市医師会に直接賛否を問う調査を行うなど“行動する”医師会として知られる、長崎県の諫早医師会。その会長であり、今年11...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事