m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|原中・茨城県...>茨城県医師会の民主党支持は考えが一致したため◆Vol.3

茨城県医師会の民主党支持は考えが一致したため◆Vol.3

最も問題視したのは後期高齢者医療制度の創設

2009年12月16日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


原中勝征氏は、「高齢者を年齢で差別することは医師として許せない」と後期高齢者医療制度に反対した理由を説明する。(写真:松本健太郎)原中私はこれまでは自民党支持で、今回の衆議院議員選挙では民主党を支援した。もし今後、自民党を支持したら、「振り子のように動くのか」と言われる。しかし、そうではありません。私たちが前々回(2006年)の日本医師会会長選挙の時、なぜ植松治雄先生を推したか。それはこの医師会という絶対的な信念を持って確立されていなければならない組織において、武見敬三先生という一人の参議院議員...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事