m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>ナースプラクティショナー制度化、慎重意見が多数◆Vol.6

ナースプラクティショナー制度化、慎重意見が多数◆Vol.6

大分県立看護科学大学、国立病院機構など5団体へのヒアリング

2009年12月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第8回会議が12月21日に開催され、大分県立看護科学大学学長の草間朋子氏が、ナースプラクティショナーの創設を提言したが、慎重意見が相次いだ。同大学では、老年と小児、二つの分野で2008年度にナースプラクティショナー養成コースを新設している。草間氏は、「現行の問題は、既存のスタッフだけでは対応できない。裁量範囲を広げた、新たな職種としてナースプラクティショナーの創設を提案したい」と求めた。同大学では、一部の処方や検査オーダーなどの医療行為もできる、「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事