m3.com トップ>医療維新>オピニオン>「再びボールは医療界に投げ返された」、川崎協同病院事件の最高裁決定

「再びボールは医療界に投げ返された」、川崎協同病院事件の最高裁決定

医療界の不作為がもたらした有罪、安楽死の社会的合意形成が必要

2009年12月25日 大磯義一郎(医師・弁護士)


1.経緯本件は今から11年前(1998年)に起きた事案である。気管支喘息の重積発作により心肺停止状態で搬送された患者に対し、蘇生は成功したものの、入院より2週間が経過しても意識が回復しなかったことから、担当医が家族の要請を受け抜管した。ところが、患者に苦悶様の症状が強かったことからセルシン、ドルミカムを点滴静注、なおも改善しないため、同僚医師の助言によりミオブロックを点滴静注した。事案から4年後、病院内の内部紛争を契機ににわかに騒ぎが発生し、医師の退職を経て、2002年4月に病院が記者会見を行い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.2 2019/11/20

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.1 2019/11/20

問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感 2019/3/10

“ウザい指導医”になってないか心配じゃないですか? 2019/1/27

病院勤務医の一般外来診療をやめるべし 2019/1/6

公開中止の映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」 2018/11/23

2018年ジョン・マドックス賞受賞者は「元ナチュロパシー医」 2018/11/19

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【後編】 2018/11/17

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【前編】 2018/11/11

国立保健医療科学院における診断支援研究 2017/8/10

「村上智彦先生が遺したもの」 2017/5/19

「基幹施設は大学が基本」が招く産科医療の危機 2017/2/7

医療事故調査・支援センター、今すぐにできること 2017/1/22

外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能 2016/12/2

群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案 2016/10/9

群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想 2016/10/2

“大学依存”では医師のキャリア拓けず 2015/8/8

公立病院での少し困った裁判和解例 2015/6/13

NHKクロ現「増える“原因不明死”」を見て 2015/6/13

除染作業員の健康懸念、基礎疾患の未治療多数 2015/5/27