m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「50点で不合格、大きく失望、憤りすら覚える」、改定率で日医

「50点で不合格、大きく失望、憤りすら覚える」、改定率で日医

期待に反する「小幅すぎる改定」、診療報酬配分の見直しにもけん制

2009年12月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は12月24日午後1時から定例記者会見を開き、2010年度の診療報酬改定率がネットで0.19%増となったことについて、「プラス改定は、2000年以来であり、医療費抑制政策が転換しつつあることを評価したい」と前置きしつつ、「小幅すぎる改定。新政権に期待を寄せてきた全国の医師、医療現場は大きく失望し、憤りすら覚える」という唐沢祥人・日医会長名の見解を公表した(全文は下記に掲載。改定率については、「ネットで0.19%増、プラス改定は10年ぶり」を参照)。常任理事の中川俊男氏は、「合格ラインを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。