m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>一定の医行為を行う「特定看護師」の法制化を提言◆Vol.8

一定の医行為を行う「特定看護師」の法制化を提言◆Vol.8

異論出たが、モデル・試行的実施はほぼ確定、次回会議で報告書(2010/02/22 訂正)

2010年2月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第10回会議が2月18日開催され、「特定看護師」(仮称)の法制化を盛り込むなど、看護師の役割拡大を提言した報告書案が公表された。そのほか、チーム医療の基本的な考え方、看護師以外の医療スタッフの役割拡大、医療スタッフ間の連携の推進などの視点についても、報告書案に盛り込まれている(資料は厚労省のホームページを参照)。「特定看護師」とは、大学院修士課程の修了者など、一定の医学的教育・実務経験を有する看護師で、動脈血ガス測定のための採血などを医師の包括的指...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事