m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>勤務医負担軽減、6割強は効果に否定的◆Vol.4

勤務医負担軽減、6割強は効果に否定的◆Vol.4

勤務状況の把握、役割分担の推進は未実施医療機関も多数

2010年3月12日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.7【勤務医のみ】今回の診療報酬改定では、病院勤務医の負担軽減を目的として、医師事務作業補助体制加算の対象医療機関拡大や、急性期看護補助体制加算・小児入院医療管理料などの算定要件に勤務医の負担軽減・処遇改善に資する体制を整備する旨を盛り込むことなどが行われました。これらの施策は勤務医の負担軽減に効果があると思いますか。2010年度診療報酬改定で講じられた勤務医の負担軽減策が、実際の負担軽減に「とても効果があると思う」「ある程度効果があると思う」と回答したのは全体の34.2%。60.0%は「あま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事