m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「日医改革委員会」の早急な設置を要望、日医委員会答申

「日医改革委員会」の早急な設置を要望、日医委員会答申

日本医師会の「医師の団結を目指す委員会」、次期執行部での対応を期待

2010年3月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は3月17日の定例記者会見で、「医師の団結を目指す委員会」(委員長:森洋一・京都府医師会長)の答申を公表した(資料は日医のホームページPDF:269KB)。答申は、「日医改革委員会」の設置を含め、計7項目の「日医、医師会の改革のための具体策」を打ち出したのが特徴だ。「日医改革委員会」は、「『医師の団結を目指す委員会』を発展的解消させた次の受け皿」(常任理事の内田健夫氏)という位置づけ。「日医執行部に限らず、広く会員の意見を集約できる立場にある人が検討する場」として、日医活動の現状評価と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。