m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療の...>「特定看護師」の試行・調査を新年度から実施へ◆Vol.9

「特定看護師」の試行・調査を新年度から実施へ◆Vol.9

「特定の医行為」の範囲と「公正・中立な第三者機関」が今後の焦点

2010年3月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第11回会議が3月19日に開催され、報告書を取りまとめた(検討会資料は厚労省のホームページに掲載)。看護師の役割拡大のために、大学院修士課程修了などの条件を満たした看護師に対し、医師の指示の下、「一定の医行為」(以下、「特定の医行為」)を認める「特定看護師」(仮称)の創設を打ち出したのが特徴。ただし、第10回会議では、「特定看護師」(仮称)の法制化を求めていたが(『一定の医行為を行う「特定看護師」の法制化を提言』を参照)、「法制化を視野に入れた具体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事