m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>「剤形の異なる後発品変更」支持、医師24%、薬剤師70%◆Vol.2

「剤形の異なる後発品変更」支持、医師24%、薬剤師70%◆Vol.2

「患者が混乱」「飲みやすい剤形を選べる」

2010年4月7日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.12010年度診療報酬改定において、院外処方せんを発行した場合、薬局における含量違い、または類似した別剤形の後発医薬品への変更調剤が認められることとなりました。これについて、どのようにお考えですか(変更調剤の詳細はこちら)。Q.1-2剤形の異なる医薬品への変更(先発医薬品:カプセル剤→後発医薬品:錠剤など)「支持する」とした割合は、勤務医30.9%、開業医17.6%(医師全体23.4%)、薬剤師70.1%。医師では勤務医の方が開業医より支持する割合が高く、また薬剤師はこれを大幅に上回った。Q...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事